転職ノウハウ

必見!面接官が見ている3つのポイント!【知らないと損】


必見!面接官が確かめたい3つのポイント!

皆さん。こんにちは。セールスサポートの岡本です。

本日は、面接官が見ているポイントをテーマにブログを書いていきたいと思います。前回、面接で緊張する方へ和らぐ方法をお伝えしましたがブログを書かせていただきましたが、面接官が見ているポイントを3つ本日はご紹介致します。採用担当者が面接で確かめたいポイントは大きく分けて3つあり、過去・現在・未来の3つです。これまでどんなキャリアを歩んできたのか、どういったスキルを持ち合わせているのか、転職理由は何なのか、どんな将来を描いているのか、どうなっていきたいのかを3つの軸から確認しています。では、早速本題に入りましょう。

・・・


目次
1 面接官が見ているポイント①:過去
2 面接官が見ているポイント②:現在
3 面接官が見ているポイント③:現在
4 転職するならRight Brothersへご相談


black smartphone near person

・・・

 1. 面接官が見ているポイント① 過去

| どういうキャリアを歩んできたのか

どんなキャリアを歩んできたのか、必要とする経験やスキルを有し、即戦力として活躍できるかどうかの再現性を見ています。経験やスキルから仕事の向き合い方、営業スキルを確認し企業に当てはまる人材かを確認しております。当然、企業側が求める人材でなければ優秀だとしても採用になるケースは少ないのです。

| どんなスキルを持ち合わせているのか

即戦力とはいえなくても、早期に活躍できる要素を持ち合わせているかも確認します。職務経歴書の中から親和性のある能力がありそうであれば質問を投げかけ、あてはまるかを確認し、フィットする人材であれば採用率は高くなります。

| 自社で活躍できそうか

その会社にどう貢献できるのか?これまでに積み上げた過去のキャリアから、採用側はあなたが自社で力を発揮できそうかを判断します。職務経歴書やこれまでの過去を振り返り、応募先企業で生かせるスキルや経験を言語化できるようにしておきましょう。また、これまでのキャリアの選択軸はどういった軸で選択してきたのかを話せるようにしておくことで応募先企業を選択した理由も必然と話せるようになります。

man in blue and white plaid shirt using macbook pro

・・・

 2. 面接官が見ているポイント②:現在

| 転職理由はどういう理由か

現在では、現職での業務や転職理由を確認します。転職を決意するきっかけはどういう理由からなのか。不満や、希望、キャリアアップ等の転職理由から、うちに入社して同じ理由でやめてしまわないか、希望やキャリアアップでそれが叶うのか?を確認しています。

| 転職活動への取り組み姿勢

転職理由を考えるきっかけは不満であることの方が多いことから、企業側も十分理解しています。そこでネガティブな感情を引きずったまま逃げるように転職先を探していないか、転職の温度感は低くないか、前向きなチャレンジ意欲を持って臨んでいるか等、転職における取り組み姿勢を見ています。

| 転職の本気度はどのくらいあるのか

なぜその会社に入社したいのかを明確にすることが大事です。転職理由を考えるきっかけは多くの方が不満や環境によるものです。きっかけはそれで問題ないのです。その先を考えることが重要なのです。じゃあ何がしたいのか?将来のビジョンはどうなのか?年収はいくらなのか?から逆算して業界・職種・企業を選択していきます。そうすると、転職理由はストーリーを持って話せます。

two person shaking hands near white painted wall

・・・

 3. 面接官が見ているポイント③:未来

| 企業への志望度はどのくらいあるのか

未来で確認しているのは、志望動機やこれからのビジョンを見ています。候補者がどうなってきたいのか?どんなビジョンを選択しているのか?を見ており、過去から未来まで一貫性を持ったストーリーになっているのかを確認しています。一貫性を持って話すと再現性が高く、採用担当者もイメージしやすくなります。

| 業界・志望企業・他社をどれだけ調べて研究しているか

応募理由では、他社ではなく、なぜ自社なのか?どこまで調べているのか?候補者の回答から、どれだけ自社を研究し、調べているのかをここで探っています。自社・業界の理解度が高ければ、入社意欲も高いと期待できますから採用率は当然、高くなります。将来、どうなりたいのビジョンを詳細に話せるとよりイメージしやすくなります。

・・・

 4. 転職するならRight Brothersへご相談

| まとめ

面接担当者は、確かめたい3つのポイントを確認した上で過去・現在・未来まで一貫性を持った内容で話しているか、話の内容にストーリーが繋がっているのかを見ています。当然、採用担当者がイメージしやすくなれば採用率は高くなります。この3つのポイントを抑えることによって的外れな回答は少なくなると感じております。とはいえ多くの方が面接において、何を話せばいいのかと悩まれる方は多いかと思いますので、転職で悩まれる方は、是非一度Right Brothersへご相談ください!以下のお問い合わせフォームより、ご連絡下さい!

お名前

必須

お名前

必須

ご連絡先メールアドレス

必須

ご連絡先メールアドレス

必須

所属企業名

所属企業名

ご希望の業種

ご希望の業種

お問い合わせ内容

必須

お問い合わせ内容

必須